スモールマウスバスが爆釣するワームを5つ暴露!【実釣済み】

知らないと損するスモールマウスバスに効果あるワーム

スモールマウスバスの魅力は、釣ったときの引きの強さ。最後の最後でググッと潜り込むような突っ込みはたまらないものがある!

しかし、よくもらう相談にスモールを釣りに行ったが、まったく釣果がついてこない。

「どのワームが釣れるのか?」「どうやって釣ってるのか?」教えて欲しいという要望がよくある。

確かにスモールが好きなワームは気になりますよね!

僕が釣りをしている関西では、ここ数年スモールマウスバスが釣れるポイントが激戦となり、スレまくっている状態。

ボート釣りでスモールマウスに効果があるワームはわからないが、おかっぱりでスモールマウスバスを狙うなら、スレバスでも着実に釣果をあげているワームがある。

個人的に釣果を上げてるオススメだが、参考にはなると思うので、同じようなワームをタックルボックスから探して試してみて欲しい!

注意
効果があるルアーを紹介しているが、ポイントや時期によって変わることだけは理解しておいてくださいね!

スモールマウスバスが釣れるワーム5つ

数釣りをしようとすると、ワームの威力は絶大で爆釣パターンにハマることも多い。今回は、スモールマウスバスを釣るときに多用する、今釣れているワーム5つを紹介したい!

スモールマウスと聞くと、ラージマウスバスと違って釣れるルアーが変わってくると想像してるのではないでしょうか?

個人的にはあまり変化がないと感じている。ただ、トップウォーターへの反応は波がある!

何でも釣れるというのは語弊があるが、ソウルシャッドやG.C.ミノーでも釣れるし、ジョイクロなどのビッグベイトにも反応がある。

リルラビット4インチ(DEPS)

デプスのリルラビット

リルラビットの公式ページ

今年のスモールに大ブレークしてるのが、デプスのリルラビット4インチ。カラーはそこまでこだわりがないのだが、河川の岩場に隠れてるスモールを一投ごとに拾える感覚。

リルラビット4インチで釣ったスモールマウス

先週、リルラビットを使い1時間で8匹のスモールマウスバスを釣った間違いないワーム!

ラージの場合は、3インチのヘビーダウンショット。4インチのノーシンカーやラバージグのトレーラー、テールを二股にして使ったりしている。

スモールになると、リルラビット4インチをそのままライトテキサスで使うことが圧倒的に多い。これ、マジで鉄板なんで是非使ってみて欲しい。

少し汚れた水の河川だとブルー系の反応が抜群にいい!

>>リルラビットをアマゾンで購入<<
>>リルラビットを楽天で購入<<

チガークロー(バークレー)

バークレーのチガークロー

チガークローの公式ページ

チガークローは、キムケンが使ってることで有名だが、僕もラージ・スモール問わずによく使うワーム。スモールマウスバスには、4インチのチガークローをテキサスで多用している。

独特の匂いがいいのか、大きな爪の部分の水押しがいいのか、爆釣モードに入ると止まらないワームなので、スモールを狙いに行くときタックルボックスの中に一つは忍ばせたい。

おかっぱりでスモールマウスバスを狙いに行く!

写真を見ればロッドのところについてるワームを見れば一目瞭然。チガークローのテキサスでばっちりスモールをGETしています!

>>バークレイのチガークローをアマゾンで購入<<
>>バークレイのチガークローを楽天で購入<<

デスステ寸詰め(DEPS)

デプスのデスアダースティック

デスアダースティックの公式ページ

デプスのワームの中でもデスアダーとデスアダースティックはよく使うワームだ。特におかっぱりで使うなら、デスアダースティックは少しの改良でバイト数が変わってくる。

5.5インチ・6インチのデスアダースティックを4インチに寸詰めするチューン。

デスアダースティック(DEATHADDER STICK)を購入。使い方やチューニングは?

詳しくはこちらにも書いているが、ラージマウスバスだけでなく、スモールマウスバスにも有効。使い方はテキサスやノーシンカーがメイン。

重量があるので遠投もできるし、使い勝手が抜群にいい!

>>デスアダースティックをアマゾンで購入<<

>>デスアダースティックを楽天で購入<<

キャンドルテール4インチ(ゲーリーヤマモト×フィッシュアロー)

ゲーリーヤマモト×フィッシュアローのキャンドルテール

キャンドルテールの公式ページ

ラージー・スモールどちらでも、困ったときのお助けワームがキャンドルテール。

どこのフィールドでもまんべんなく釣れるワームなので、何に反応するかわからないときに、キャンドルテールで様子を見ることが多い。

スモールマウスバスに使うリグは、ダウンショット・テキサス・スプリットショットで使用頻度が高い。

プレッシャーの高い日は、チヌ用の動くジグヘッドを使ったり、海太郎の根魚玉をキャンドルテールに使うとスモールがコンコンと反応しはじめること多々。

どこに釣りに行くときも一つはタックルボックスの中に入れている。

>>キャンドルテールをアマゾンで購入する<
>>キャンドルテールを楽天で購入する<<

>>根魚玉をアマゾンで購入<<
>>根魚玉を楽天で購入する<<

スパテラ4インチ(issei)

イッセーのスパテラ

スパテラ公式ページ

「スモールを釣ったことない」という初心者にオススメなのがイッセイのスパテラ。もう鉄板中の鉄板!

スモールが初めてなら、「スパテラを投げろ!」と毎回アドバイスしている。

釣りがあまり好きでない高校生の娘と一緒に行くとき、釣れないとスグに飽きてしまうので、とりあえずスパテラのスプリットショットをセットして、流れのあるところに投げさせ放置させている。

何もしてないのに、娘の竿がしなりだしスモールマウスバスが釣れてる。テキサスリグも知らない釣り素人の娘でも釣れてしまう不思議なワームがスパテラだ。

小さめのフックで小さなガン玉をセットすると反応が抜群にいい!

>>スパテラをアマゾンで購入<<
>>スパテラを楽天で購入<<

スモールマウスバスをおかっぱりで釣るには?

スモールマウスバス

おかっぱりでスモールマウスバスを釣るには、ランガンしてキャストしまくるのが正解。ポイントを見つけると、毎回同じところで釣れるので自分のポイントの数を増やせばいいだけ。

河川なら流れのよどみや反転流を狙うのがベストと言われていますが、ラージが好むポイントと個人的に感じている。

ガンガン流れのある場所でも普通に釣れるのがスモールマウスバスの特徴。ベイトフィッシュがいる場所であれば、基本どこにでも出没します。

バスは朝マズメが釣れるというイメージがあるが、これもラージマウスの特徴ではないかと。スモールはカンカン照りの夏の昼間でもガツガツ捕食してるし、数釣りも楽しめる。

スモールに効果あるリグはどれだ?

スモールマウスバスに多用するリグは、ラージの場合と変わらないが、だいたい4つのリグで反応をみている。

  • テキサスリグ
  • スプリットショットリグ
  • キャロライナリグ
  • ダウンショットリグ

1番使用頻度が高いのは、基本中の基本となるテキサス。最近では、根掛かりを考えビフテキをよく使う。

ライトテキサスの場合は、バレットシンカーを使い、5gからはビフテキシンカーを使っている。

スプリットショットは流れのある場所で使うことが多い、イメージとしては中層を漂わせる感じなので、ガン玉はあまり重くすることはない。

キャロライナリグは、スモールマウスバスにめちゃくちゃ反応が良いが、流れのあるところでは根掛かりを覚悟して使わないといけないデメリットがある。

たまに1ozの三又ヘビキャロを投げたりするが、ヘビキャロのフォール中に反応して喰ってくることがある(笑)

スモールマウスバスは、泳ぐのがめちゃくちゃ早い!

ダウンショットリグは、同じ場所をじっくり狙いたいときに使う。岩陰などを攻めるときに便利なリグ。

ポイントをずらしたくないときは、ヘビーダウンショットにするなど工夫している。

個人的に、ネコリグをスモールに使うことは少ない。釣れないことはないが、河川がメインになるので、針がむき出し状態だと根掛りが強烈だからです!

スモールの即合わせはスッポ抜け率が高い

コンコンと気持ちいいアタリがきて、ラージと同じタイミングであわせをすると、スモールマウスバスはバレてしまうことが多い。

スモールは即あわせでなく、ラインが走ってからあわせるくらいのタイミングでOK!

捕食するのが下手っていうのもあるが、縄張り争いで攻撃してくることも多いのではないかと予想している。

現に岩陰に隠れているスモール。いわゆる黒々してない奴は、傷まみれの体の場合が多いので喧嘩しまくっているのであろう。

個人的な意見なんで、あってるかどうかはわからないが、即あわせせず一呼吸置いてからあわせるのがスモールマウスバスを釣るコツであるのは間違いない。

まとめ

今スモールマウスバスが釣れているワームを5つ紹介したが、あなたのタックルボックスの中にあったでしょうか?

もしなかったら、似たタイプのワームを引っ張りだしてフィールドに向かおう。

好きなメーカーやブランドに同じようなタイプのワームがあれば、それを購入し反応を見てみるのもおもしろい。

主に関西や東海でバス釣りをしてる僕は、スモールマウスバスがいるフィールドは釣り人だらけでハイプレッシャーとなりつつある。

週末ともなると、2年前まで誰でも釣れていたポイントが、1日粘っても1~2匹くらいと渋い状況。

しかし、間違いないワーム選び、少しの工夫で釣果が圧倒的に変わってくる。是非、今回のワームとリグを試してみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です