極寒 冬の琵琶湖!湖北東岸のおかっぱりでブリブリ51cm!北湖バス釣りがおもしろい!

冬の琵琶湖でおかっぱり

みなさんバス釣りしてますか?

冬本番になり、日に日に寒くなってるが、時間が空いたら釣りするようにしてます。冬になり釣れないから行かないという人も多いでしょうが、それはもったいない!

バスの越冬場所がわかれば、秋よりも数釣りできるし、シャローではデカいのが釣れる!

って、えらそうなこと言うてますが、毎年冬は数釣りはできても、ゴンザレスを釣るのには苦労してるんですがね(笑)

そのうえ末端冷え性なのでツラいのなんの…

バスが散る秋は苦手だが、冬のおかっぱりは釣れるとデカいので好きっす!

最近、釣果報告をめんどくさがって書いてなかったので、久しぶりに書いときますね!

冬の琵琶湖のポイントは?

冬の琵琶湖のおかっぱりといえば、バスアングラーの数は減るが、越冬場所に集中するので、いい季節とそこまで変わらないくらい人はいる!

有名なポイントといえば、南湖であれば浜大津の総門川周辺や雄琴港などの温排水スポット!

湖北で言えば、旧彦根港や長浜港など、人気スポットにはおかっぱりアングラーがびっちり!

そんな中、越冬場所を避けて男前にフィッシングしたいと思ってます。まずは冬の南湖から北上し、湖北に道を進めていく予定!

朝イチは矢橋帰帆島でおかっぱり

朝一、早朝6時に選んだ場所は、お得意の矢橋帰帆島。いわゆる人工島ってやつですけど、夏場になるとおかっぱりからでもパンチングやフロッグゲームが楽しめるポイント!

昔から、矢橋帰帆島とは相性が良く、何度となくゴンザレスをあげてる場所。冬場の矢橋帰帆島は裏側が西風が当たらないので、良いのではないかと予想。

しかし、冬の定番ネコソギDSRやザリメタルやサーキットバイブを投げても反応はなし。枯れた藻をいっぱい拾うし、巻物系はツラい。

必殺フリックカーリーやゲーリーのカーリーテールを投げても反応1つない状況!

はっきり言って寒いのでモチベーションも上がらないし、ギャル達とのライン会話のネタも尽きたので場所移動です(笑)

スマホ片手に釣りをするのもなんですが、モチベーションは大事っす!

木浜水路でおかっぱり

途中、赤野井なども狙おうかと思ったが、冬って感じのインスピレーションもわかなかったので、木浜水路まで大移動!

木浜水路までくると、冬でも多少のアングラーは見かける。誰も釣ってる姿は見てないが、ナンバーを見ると遠方からバス釣りに来てる人もいるみたい。

木浜水路では、ザリバイブ・ザリメタル・フリックカーリー・ネコソギDSRなどをキャスト。このとき気付いたのだが、PE1号でスピニングのザリメタル6gは最強かも!

絶妙な重量バランスなので、しゃくってもラインがフックに引っ掛かることが少ない。

issei信者なのかもしれないが、おかっぱりで使うなら一誠ルアーは信頼できる。イメージできる動きをしてくれる!

ザリメタルの場合、スピニングPEで軽くシャクって、2回ブルブルさせてフォールさすとと、たぶん30〜50cmくらい上がってフォールが繰り返せる!

しかし、この日は早々に根掛かりしてバイバイ (゚o゚;;

代用として、1/4OZのDepsのサーキットバイブを使うが、どうもイメージする動きとは違う。サーキットバイブなら、1/8oz、オーバーライドなら3/16ozあたりなら、スピニングで使うとおもしろそうかな。

小さな動きでは、ロッドから手にうまく振動が伝わらないんよね!

今までベイトヘビータックルの硬い竿でやってたので、うまく使いこなせなかったみたい。50㎝~1mくらいリフト&フォールしてる使い方は、自分の答えとしてボートでないとって結論。

ベイトフィネスの竿なら、ある程度似た感覚をだせた。あくまでも感覚なのであってるかどうかは知らんよ。釣れるかどうかは別やし(笑)

木浜水路では、なんの反応もなかったので、車で移動しながら彦根方面に向かう!

琵琶湖東岸を途中何度も止まっては投げてを繰り返すがバイトはなし。このまま湖北を北上していくと、帰りが遠くなるだけなので、今日はある程度で北上は止めたい。

アタリ一回くらいあるとテンションは上がるのだが、周りにバス釣りをしてる人すらいない状況なので、こんなもんと自分に言い聞かせながらキャストします!

北湖東岸おかっぱりでついにランカーサイズをキャッチ!

少し移動しては止まってキャストして、また移動してはキャストしての繰り返しをしていると、なんの前触れもなくチャンスがついにきた。

琵琶湖湖北のおかっぱりは、秋から冬にかけて東岸じゃなく、西岸や最北端の奥琵琶湖に行くことが多い。ぶっちゃけ、近い南湖ならわかるが、湖北東岸のポイントを知らないんですよね(笑)

だから移動を繰り返す!

地元アングラーがいれば話しかけて、ポイントを聞いたりもするんだが誰もいない。冬に琵琶湖で釣りしてる地元アングラーは、ホンマにコアな情報をいっぱい持っている。

毎年のパターンやヒットルアーなど、仲良くなれば色々と教えてくれるよ!

今まで冬の定番ルアーをキャストしていたが、ワームを積極的に投げてみることにした。登場させたのはゲーリーのフォールシェイカー!

根掛かりを回避したいので、直リグでキャスト。

10投目くらいで、コンコンコンとギルのような小さなあたりが出たので、思いっ切りあわせてみると、横にラインが走り出す!

おおっ~

デカイぞこいつ!!

アルファスSVのドラグが出ていく。ラインは10lbあるので心配はしてないが、周りの障害物に入ろうとする!

巻かれるとまずいので、ロッドでコントロールしながらハンドランディングできる場所に誘導していく。

手前まできては突っ込みを数度繰り返すと、ゆっくりと大きな魚体がよってきた。ぱっくり口が開いたところで確実に親指を入れランディング。

ガンガン餌を食ってる50オーバー

これは重い!

ブリブリの湖北バスをキャッチ!

上顎にばっちりフッキング!

越冬中でもランカークラスになると元気一杯

計測をしてみると51㎝のゴンザレス。

良い形のバスちゃんですね!

51cmのブラックバスをあげたのはベイトフィネスタックル

タックルと並べてみるとこんな感じ。

タックルは、ブラックレーベル691LFB。ベイトフィネス用に1本と思い購入したロッド。使い始めたときは、柔らかすぎて使いづらかったが、慣れてくるとこれ1本で釣りに行くときもあるくらいお気に入り。

リールはアルファスSV。両方コストパフォーマンス良いわりに、使いやすいし活躍してくれます!

スピニングほど走られないし、50オーバーでも余裕。

この後、もうちょいポイント探索をしたいので、場所移動をして西の湖でも行こうかなと思案。

長命寺港でおかっぱり

この日最後の入ったポイントは長命寺港。西の湖じゃないんかいって話ですが、越冬バスで遊んで帰ろうって考え。

片付けをしている漁師さんと少し話して、どこで釣りして良いか聞くと、船がとまってないところは大丈夫とのことだったので、色々とキャスティングしてみるが、1時間くらい投げてもなんの反応がない!

ってことで、納竿!

2016年12月31日、大晦日釣り終了!

最終日に51㎝は正直嬉しい1本でした。ワンバイトワンフィッシュですが、冬でもじっくり狙うと釣れるもんですよ!

使用タックルとルアー

今回の50オーバーバスを釣ったとき使用したタックルとルアー紹介しときますね!

ロッド
ブラックレーベル691LFB
ダイワ(Daiwa) ロッド ブラックレーベル バーサタイルシリーズ 691LFB

ベイトフィネス用の安い竿が欲しいなら、ブラックレーベルシリーズはおすすめ。2万円前後とリーズナブルな価格で手に入ります!

リール
アルファスSV
アルファスsv

ダイワのロッドにはダイワのリール。ベイトフィネス用ならSS AIRが有名ですが、そこまで値段を出せないならアルファスSVでも代用できる。軽いワームを投げてもバックラッシュは少ないし、そこそこ飛ばすことができますよ。アルファスエアもあるので、どちらかを使ってもいいかもね!

ルアー
フォールシェイカー
フォールシェイカー

ゲーリーヤマモトとフィッシュアローのあのワーム。使ってみたらわかるが、安定して釣れてくれるので気に入ってる一つ。5.5インチを多用するが、どのサイズでも良いと思うよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です