Depsのマツバズはまっつんプロデュースのバズベイトは重い音がポイント

マツバズ(MATSUBUZZ)

デプスのマツバズ

マツバズはバズベイトの中で、今のところ一番多様している。なぜ、そんなに使用頻度が高いのかと言えば、バスの出方が極端に激しいから、やってておもしろい!

例えば、藻の向こう側から引いてきたとすると、藻の上を通ったときにバシャッという音と一緒に出たりする。たぶん、マツバズ独特の音がバスに効くんでしょうね。その秘密は、スイッシャー部分に付ける重り。

デプスのマツバズ

プロペラ部分の端に黒い重りが貼り付けてあるのが見えるでしょ。これにより、普通のバズベイトより遅い回転で重い感じの波紋が出る。

それにプラスして、スイッシャーのペラの部分がシャフトに当たりカチカチ音が響く。自分の使い方としては藻の周辺を通すことが多いので、PEで使うことがほどんどですが、何もカバーがなければナイロン20lbとかでも使う感じ。

ゆっくり巻いても、そこそこ浮いてくれるので、右ハンドルでも十分に使えますよ!

マツバズの使い方

まっつんこと、松下雅幸がプロデュースしたバズベイトがマツバズ(MATSUBUZZ)。使い方の動画が何個か上がってるので紹介しますね。

細かいチューニングの仕方も解説してるので、手に入れたら参考にしてみてください。

マツバズの動画

※文字起こし

なぜマツバズ(MATSUBUZZ)は釣れるのか?

この竿がストラクチャーだとして、バスがついてたとすると、ボートポジションからバスから遠くに投げて、バズベイトを引いてくると、音と振動でストラクチャーについているバスを身構えさせる。バズベイトが通ったあとに、ドンっと出す。

バスがいそうなところ、仮にこうゆうウィードがあったとして、ウィードの右側にいそうだとしたら、ちょっと遠目に投げてワシャワシャワシャと引いて、この辺から気付かせて目の前にきたときにドンと出すようなイメージ。

チャターベイトなんかも、音と振動でバスに気付かせて食わすってイメージーなんですけど、バズベイトも表層か中層かというだけで、ルアーの種類は同じかなと思うんですよ。

バズベイトは万能なルアーじゃない?

バズベイトというのは、レンジコントロールができないトップウォータールアーなんで、釣れる条件というのがすごく狭いとは思います。ただ、秋みたいな、夏から秋にかけて水温が低下すると、夏の間に行動範囲が狭かったやつが、フィーディングでも行動範囲が増えるんですよ。

すると、シャローにも入ってきやすくなる。シャローにポンと入ってきたフィーディングバスをバズベイトでダマして食わすという使い方をしますね。この時期的にも。

色んなパターンがあるんですけれども、今やってるバズベイトというのは、威嚇とかそんなんじゃなくて、威嚇のバズベイトじゃなくて、喰わせのバズベイト

なぜフィーディングバスにバズベイトが有効なのか?

特に僕が感じているフィーディングフィッシュというのは、止めたらいけない。ブルーギルを食っているというなら止めて問題ないんですが、ブルーギルじゃない魚を食ってる魚っていうのは、止めると見切っちゃう。

そこにカバーがいっぱいあれば、止めないと存在感が出せなくて、気付かずに終わっちゃったりもする。ある程度まばらなところというのは、ベイトをたくさん追ってる奴は、止めると見切っちゃう。そうゆう魚はスピードにも敏感だったりするので、僕はこうゆうシチュエーションで他のルアー、トップウォータールアーじゃなくてバズベイトを使います。

なぜバズベイトかと言うと、スピードの強弱がつきやすいルアーなんですよ。というのも、ゆっくりも巻けるんです。すごくゆっくり巻いても引いてこれる。逆に今度は早くも巻ける。そのスピードの調整ができるハードルアー(トップウォータールアー)はそうはない。

フィーディングフィッシュというのは、スピードに敏感だったりするんですが、特に琵琶湖だったらハスを追ってるバスは、スピードありきなんですよ。逆にハイスピードばっかりだと、カバーが多過ぎたら気付かれづらいので、ハイスピードも巻けて、スローにも巻けるということで、僕はバズベイトを選択している。

マツバスの説明

まずこのマツバズの特徴というのは、見て貰ったらわかりますが、プロペラ部分にウエイトを貼ってあるんですよ。そしてプロペラが左右非対称なんですよ。こっち側が小さくて、こっち側が一回り大きい。そして、大きい方にウエイトを貼る。

そうすることによって、一回転するにあたり、片側が重いので、遠心力でマツバズの本体を振動させる。プロペラが回るとバイブレーションしてラバーのスカートをワサワサとなびかせる。そうゆうシステムのバズベイトです。

さらにフレームにプロペラが一回転したときに、大きい方が強い力で当たる。小さい方は当たらない。そのままの勢いで再び大きい方がガツンと当たることにより、トルクフルなスクイーク音が発生します。

リベットなんかも、ペラとの設置面を多くとることによって、擦れる音が大きくなるんですけど、リベットは特注で径の大きいリベットを作ってます。そして、接触を良くして、音をいっぱい出すようにしています。

もって貰ったらわかりますが、1.6mmのワイヤーを使ってます。今まで僕が見てきたバズベイトの中でも、トップクラスに太いワイヤーを使っているんですけど、その理由はでかいサイズの魚を釣りたいという意味合いもありますが、1番の理由はここの穴、プロペラの穴とワイヤーとの一回転あたりの接地面を増やすことで、より音を強調させたい。というところからの太い1.6mmのワイヤーなんですよ。

針のワーム止めのところのウエイト。重さが分散されて後方重心になっているので、バズベイトの中でもトップクラスに飛距離が出るのかなぁと思います。

マツバズというのは、遠心力を増して回転させているので、50cmで巻いたときに他のバズベイトに比べ回転数は少ない。これが左右対称でよく回るバズベイトなら、仮に50㎝の中で30回転したとすると、マツバズは50㎝の中で15回転(例えばの話)ぐらいしかしないんですよ。その15回転で誘う。

15回転しかしなくて何が違うのかというと、30回転するバズベイトというのは、プロペラが回り擦る回数も30回ですが、音の質は軽い。ピッチの細かい速い音がでる。15回転のマツバズというのは、トルクのある重い音がする。

僕の中での音の使い分けというのは、30回転するバズベイトもよく釣れるんです。それをどうゆうところで使い分けかというと、ベイトフィッシュの種類なんです。ベイトが細かいフライみたいなやつがいっぱいいるようなところだと、僕はピッチの速い、回転数の速いバズベイトを選択します。

これが逆にベイトフィッシュがフライじゃなくて、魚が大きくなったところでは15回転のバズを選択します。

それはなぜかというと、フライみたいな魚のが何十匹も泳いだときの音というのが、背骨の音というかカリカリという、僕の中ではピッチの細かくて、ワシャワシャワシャという弱く細かい音というのが、フライみたいなベイトの音なんじゃないかなぁと思うんですよ。

逆にベイトフィッシュが大きくなってくると、細かさがなくなってきて、一回一回の泳ぎというのが、ワシャッ・ワシャッ・ワシャッという背骨の音がするんじゃないかなぁっと思うんですよ。

そうゆうとろころから、ちょっと大きめのベイトがいるところで、マツバズを投入するようなイメージで作りました。

今回のを参考にして、バズベイトの釣りを楽しんでください。決してバズベイトというのが、釣れないルアー、ジャンルではありませんので、ガンガン投げて楽しく釣ってください。

秋の琵琶湖攻略まっつん超接近戦スタイル

秋の琵琶湖を攻略する、シャローを重点的に攻める動画になってます。マツバズを使った釣りから、マツバズのチューニング法。そして、マツバスのあたりのとり方などが解説されてます。

他にはマツラバ・サカマタ・バルビュータなども使って、散って釣りづらくなる秋バスを攻略する内容。琵琶湖でバスボート釣りするなら、シャローを攻略してカッコいい釣りをしてみたいもんです!

マツバズのチューニング

マツバズのチューニング

マツバズのチューニングは、プロペラの赤丸の部分を上に押し上げるように曲げてあげます。ペンチでやっても良いですし、手で曲げても大丈夫です。

自分自身でも、何個か買ったときに試して、音が変わるのを体感したのですが、ノーマルの方が好きなときと、曲げたときの方が好きなときがあります。

今のところ、ノーチューニングを気に入って使ってます。

マツバズの購入

マツバズ(MATSUBUZZ)は、販売当初は手に入りづらかったルアーだが、最近では店舗でもよく見かけるようになってきました。自分的には間違いなく買いのバズベイトなんで、店舗で見た際は、1個と言わず2個くらい購入するのがおすすめ。

マツバズ(MATSUBUZZ)を安定して手に入れることができるのは、ネット通販が1番のおすすめかな。

マツバズ(MATSUBUZZ)

こちらにもあります。

マツバズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です