アフタースポーン梅雨前の琵琶湖湖北西岸でおかっぱり57㎝の良型がHIT

梅雨の琵琶湖湖北西岸

琵琶湖北湖西岸

琵琶湖北湖西岸でのおかっぱりと言えば、河口や浜狙いでロングキャストってイメージですが、春の梅雨前や梅雨時期は、あんまりヘビキャロを使ってません!

周辺では、三又ヘビキャロ軍団がウェーディングしてる中で、1人8インチ以上のワームでノーシンカーやネコリグを投げまくってきました。

結果、57cmの元気なアフターバスちゃんGET!

こんにちは、久しぶりに琵琶湖北湖におかっぱりにきた、ぼんくらアングラーのノリです!

前日の飲み会で遅くまで飲んでたせいもあり、昼まで二日酔いでした。10時に起きて弁当を作りだし、風呂に入って12時に奈良を出発。

琵琶湖湖北西岸に到着したのが15時過ぎ。ホンマ「釣りする気あるんか?」ってくらいのんびりやってます(笑)

とりあえず着いたら、弁当を食って家から持ってきたコーヒーを飲んで、タバコを吸ってからウェーダーを履き出撃しました。

初冬から初春くらいまでは北湖に来ることが多いんですが、ぶっちゃけ春や秋はあまり来ません。なぜなら人が多いから・・・アングラーらしからぬ発言ですが、人が多いのはあまり好きじゃないんですよね。

極寒 冬の琵琶湖!湖北東岸のおかっぱりでブリブリ51cm!北湖バス釣りがおもしろい!

大晦日は湖北東岸で釣りをしてた記事もあるので、興味がある人はどうぞ!

湖北で狙いたいポイント

湖北西岸の地図

今回狙いたいのは、このあたりの浜と河口を移動しつつ狙って行こうという作戦。ダメだったら次、ダメだったら次って感じです。

ただ、釣りできる時間が3時間くらいしかないので、大まかにしかチェックできないが、それはそれでしょうがない。

探していたのは、おかっぱりから狙えて湖流が強いところ。「河口であれば流れもあるし、湖流が乱れておもしろいんじゃないか?」と考えたんですよね。

雪解けの冷たい水が入ってくるので、早い時期は微妙かもしれませんが(笑)

60を釣るためにとった作戦

「60を獲りたい!」とイメージしてたので、シンプルに大きなルアーしか投げない。最近のマイブームなのですが、なかなか釣果はいい感じなんです!

ってことで、ラインを結んだのがキンクー13インチのネコ。ネイルシンカー代わりにホームセンターで購入したネジを頭にセットしてます(笑)

100円くらいで買えるので、長いワームのネイルシンカーはネジが多い。アノストやキンクーは針持ちもいいし、身切れしないのでネジで十分ですよ!

と、用意してたのが、スパテン・デスアダー8・フリックカーリー7.8ってな具合。あとは、ブルーシューターJr・ブルドーズJr・ジョイクロ。

移動があるので、2本の竿で対応できるくらいのものですね!

アフターの元気あるバス57㎝

キンクーをキャストして3投目。いきなりラインにククッと押し込む違和感。そこから急にラインが走りはじめました。一呼吸置いてから一気に合わせると、かなり重い!!

ドラグが出て全く寄ってくる気配がない。

そこそこ遠くでフッキングしてるので、しっかり掛かってるか不安だったのですが、ラインテンションさえ緩めなければ大丈夫っしょと巻いてドラグが出ての繰り返し。

近くでエラばらいされたとき、かなりいい音を出してたので、

「これは60いったか?」

と頭をよぎったのですが、とりあえずしっかりランディングする方が先だと、落ち着いて岸にあげます。

キンクー13インチをバックリ

湖北バスの特徴であるブリブリバスというより、ちょっと痩せ気味のアフターですね。でも、かなり良い引きをしてたので、めちゃくちゃおもしろいバスでしたよ!

キンクー13インチのあわせタイミング

キンクー13インチはあわせが難しいと言われている。かなり送り込んでからあわせないと、すっぽ抜けてしまうって聞きません?

しかし、プロでもない素人はそこまで敏感にアタリが取れるわけではない。ラインが走ってからあわせても、早過ぎないことが多い。

スパテンにしてもゲーリーヤマモトの12インチカーリーテールにしても、キンクー13インチにしても、ボウワーム12インチにしても、

古いワームを出せばトーナメントワーム10インチとかでも釣ってますが、走ったらOKのよううな感じがする。

バッチリフッキングしてました

キンクー13インチでラインが走ってからあわせてたが、フッキングもこの通りバッチリきまってます!

キンクーを食ってくるバスはデカい

サイズを計ると57cmの良型バス

キンクー13インチだけに限らず、デカいワームを使うと、デカいバスがきますよね。たまに例外もありますが(笑)

作戦成功ってところです!

デプス(Deps) キンクー 13インチでポイントを貯める

キンクー13を安く購入するには?

この後、2時間はうんともすんとも言わなかったわけですが、1匹釣れたあとに集中力が切れてしまうのが、俺の課題かもしれん。

仕事が少し落ち着いたら、また琵琶湖湖北西岸に遠征したいですね!

ってことで、時間がきましたので納竿しました。

まとめ

今回のバスはたまたまでしたが、今年調子が悪い湖北での1匹は嬉しい釣果でした。なんとなく今年のパターンがわかりそうな予感。

これが通じるのか、もうちょっと通って確かめてみたいですね!

最近メインとしてる野池・ダム・川はよく行ってるのですが、たまには琵琶湖特有のオープンウォーターの釣りも楽しいですね。

今月、あと1回くらい琵琶湖に突撃できたらって感じですかね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です